--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.06.15.00:13
朝早く、獣医さんからDonが少し持ち直したと電話があって。

☆#$*Жн々〆×★※●◎▼△◇◎£$▲!!!

まだ血糖値は高いし、カリウムの値は低いけど、
時々頭を持ち上げたり、1~2回座ったんだそう。
まだ水も飲んでないけど、
 「飼い主さんがみえれば飲むかもしれないし、
   何かDonちゃんの好きなものを持ってきてくださいって」って。

いや~~嘘みたい。
もちろんまだまだ先は長いけど、最悪の状態は脱したみたい・・・
もう、涙ぼろぼろ(笑)

11時半と言われていた面会の時間まで、そわそわ。

病院に行くと、目が・・・全然違ってた。
焦点があってて、シャキーン!としてた。
頭も持ち上がってたし、撫でたら喉をゴロゴロ鳴らしてご機嫌の様子。

朝はニャーニャー鳴いたらしい。
先生の奥さんは「何か文句言ってましたよ」って(笑)

まだ自力で水が飲めないので、退院は無理だけど、
朝は水の入った入れ物を、ひっくり返してたって。
水を飲もうとして、ひっくり返したのかも知れないですねって先生は言ってた。

持って行った大好きなドライフードは食べてくれなかったけど、
葉っぱはむしゃむしゃ食べたし、もう母と二人してうるうる。(笑)
あたしは、記念写真を取る余裕もあったりして(笑)


いつもあんまりしゃべらない先生がよくしゃべってくれた。
こんな重症の、しかも猫の糖尿病患者は、扱ったことがなかったらしい。
先生も知り合いの獣医さんに、いろいろアドバイスをもらいながら
治療してくださったんだそう。
そんな様子を見ながら、「あ~峠を越えたかな…」って感じがした。

血糖値がまだ安定しないのと、カリウムの値がボチボチしか
上昇してないので、もう少しかなぁ~

体温は39.4で、ちょっと微熱だけど、
それは体が病気と闘っている証拠だから、問題ないんだとか。

あ~でもほんと、とりあえず一安心。
殺さなくてよかった・・・・・


NEC_0002.jpg
ピンボケ…
Donの隣に新入りの猫ちゃん(雑種)がいました…

先生が「今日一日持たないかも」とおっしゃってました…。

体温が計れないほど下がっているんだって。
体温計は30度以上しか計れなくて、何度計ってもエラー…
測定不能らしい。
・・・
それでもいっぱい管をつけられて頑張ってた。
よその子ながら涙が出た・・・

がんばって!!



でも…
翌日その子はいませんでした。。。
スポンサーサイト

管理者だけに観覧

TrackBackURL
→http://paramnokimagurenikki.blog61.fc2.com/tb.php/237-3fc0cb78
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。