--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.06.15.00:08
たまたまメル友に内科のお医者さんがいたので、
糖尿病のことについて聞いてみた。

動物はわからないけど・・って前置きがついてから、
「肝臓や腎臓の機能に障害が出てるなら、合併症の方が問題で、
血糖値がどうのって問題ではない。仮に血糖値が下がっても、
復活は難しいんじゃないかな・・」って言われて。。。。
かなり凹んだ。。。

そのことも参考に話をしようと思って、夕方主治医の所に行ってみたら…
朝の血液検査とは少し違う結果が出ていた。
(昨夜の点滴で思ったような効果が出なかったから、
少し薬を変えてくれたらしい)
ほんのちょっとだけど肝臓の数値が下がっていた。。。
でも、私としては「安楽死」のことも考えたいと話してみた。

と言うのも、当時私はプー太郎で…
1日1万円+αの入院費はかなりしんどかった。
どうせ助からないなら早めに…というのも、正直あったのです。。。
すると医者は「それもいいでしょう。でも薬の効果が出つつあるので、
もう少し様子を見てみる価値はあります。」と言ったのです。
え???
まさかそんな言葉が聞けるとは思ってもみなかったので、びっくり…
「血糖値が安定して自分で水を飲んだり、ご飯を食べるようになったら
退院して、調子がよければ1日2回のインスリンの注射と
1ヶ月に1回の血液検査でいい」と言うのです。
しばらく様子を見るとはどれくらいなのかを聞いてみたら、
「とり合えず2~3日」と言うことだった。

またそこでどうなるかもわからないけれど、
金銭的にもどこまでやれるかわからないし、
単に自己満足かも知れないけど、
もしこの2~3日をDonが持ちこたえてくれたら、治療することにしよう…
と決めたのでした。
スポンサーサイト

管理者だけに観覧

TrackBackURL
→http://paramnokimagurenikki.blog61.fc2.com/tb.php/232-98832386
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。