--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.06.28.18:02
目指せ!はっちゃん♡
夕方テレビを見ていたら、
イベントにファン200人(?)も集めちゃうという
アイドル猫の話題。

その名は「はっちゃん」
雑種で捨て猫ちゃんだったはっちゃん。
写真家さんに拾われて、
「はっちゃん日記」(ブログ)に写真をUPしたところ、
今では、イベントまでこなしちゃうアイドル猫ちゃんになったんだそうです。
で、ちょいとブログにお邪魔を…

さ~~すが、写真家さん!
かわいい写真ばっかりでした。

かわいい写真を撮るコツは
●猫の目線で撮る
●褒めながら撮る←グラビアアイドルみたい?(笑)
そして…たくさん撮る!なんだそう。
なるほどね~うんうん^^納得。

don.jpg
よ~~~っし!と挑戦 p(*^-^*)q

しか~~しw(☆o∂)w
褒めちぎっても、おやつで釣っても、
睡魔には敵わないようです(ノ_δ。)
こっち向いてくれ~~~~(叫)

やっぱ難しいなぁ。。。

... 続きを読む
スポンサーサイト
2006.06.26.23:08
今日は大荒れの一日でした。
大雨ザーザー&雷ゴロゴロピカピカ。
実は、子供の頃に近所の電信柱に落ちて以来、雷が大の苦手です。。。
音より稲光が…(>_<")★


さてさて本日、ドリカムの4年に一度のコンサート
「史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2007」
のテーマが発表されました~ \(●~▽~●)Уイェーイ!


      「夢よ、みんな
       かなってしまえ!!!」
 


みんなの夢をかなえてくれるの???すご~~~い!!
ヨシダミと一緒に歌えたりなんかしちゃったら…
いや、りんちゃんとFAN-Pもいいなぁ。。。 
ヽ(|||≧▽≦|||)/キャーサイコー♡♡♡

ま…ありえないけど。
夢見るだけなら、自由よね(∂。-)-☆

…って、そんなことより、チケットが取れるかどうか…
こっちの方が現実的だわ(∂。∂;
... 続きを読む
2006.06.25.23:55
イタリア展
長崎浜屋で開催されている「イタリア展」に、
ベネチアンビーズがあると聞いて、行って来ました。

ベネチアンビーズがお目当てだったハズなのに…
行ってみると、そこかしこから漂ういい香り。
引き寄せられるように試食しまくりでした^^;

生ハム、チーズケーキ、ジェラード、マローネ(焼き栗)
バジルチキンに、ローストポテト。
み~~~んなおいしかったぁ~♡♡
特に、今まで苦手だったゴルゴンゾーラのおいしさに驚き(⌒▽⌒;)
チーズケーキもジェラードも意外なおいしさでした。

ランチは新館2Fの「マルゲリータ」へ。
リストランテアルポンテが出店していたので、
ホントはそっちで食べたかったんだけど
混んでたので待ちきれなくて…残念(・o+)
「マルゲリータ」は「デリデリキッチン」でお馴染みの
片岡護シェフのプロデュースだそうで、店内には写真が。
ココではピザ(マルゲリータ)をオーダー。
石窯で焼いたピザは、オーブンで焼いたものとはまた違って、
生地がと~ってもウマウマでした^^

肝心のベネチアンビーズもちゃんと見てきました(^O^)v
「とんぼ玉と全く同じ製法ですよ」と流暢な日本語で
イタリア人の職人さんが説明してくれました。
同じ製法でも、色使いが全然違うのね~と思いながら見てました。
多少派手だと感じるのは、お国柄でしょうか。
そろばん玉の形のガラスが欲しがったんだけど、
さすがにそろばん玉はないよな~って思っていたら…
ありました。
でも、なにかピンと来なかったので、今回は見てきただけでした。
綺麗だったので写真を撮りたかったけど…
店員さんの目が気になって、できなかった(ノ_δ。)
ちゃんと断って撮ればよかったのかも…だけど。。。

20060625205741.jpg
リストランテアルポンテのジェラード。
12種から3種選べたので、
ゴルゴンゾーラ、バニラ、マンゴーをチョイス。
ここでも一番のお気に入りは
「ゴルゴンゾーラ」でした。






今週火曜、水曜の2日間留守にしていて、
帰ってきたらいきなりネットができなくなってて。。。
電源を切ったり入れたり、ケーブルを繋ぎなおしたり…
いろいろやってみるも、まったく反応なしで。
なして~~~~???って感じ。
yahxxにTELしてみたら、モデムの故障らしいので交換するとのコト。
故障???
だって前回故障して交換してから、5ヶ月しか経ってないんですけど…
そんなこんなで、本日モデムが到着し、やっと快適な(?)生活に
戻りました~~~ (*゜▽゜ノノ゛☆パチパチ


そんな中、大村のLaLaコープの近くににある「おしんこ」に
行って来ました。

このお店は、元々無添加のお漬物やお味噌を作っている会社が
やっているそうで、
R34号線沿いにある「自然派レストランAGRI(あぐり)」も
同じ会社のようです。
AGRIの方はバイキング形式のお店だったけど、こちらは定食屋さん。
自社栽培の朝採りの野菜をたっぷり使った家庭料理のお店です。
安心・安全・無添加などをキーワードとするあたしにピッタリ♪

この日は日替わり定食(630円)を頂いてきました。
チキンソテーのタルタルソース(サラダ付)
なすの煮びたし、お漬物(3種)、お味噌汁、ご飯に、
フルーツでした。

ご飯は白米と黒米入りを選べたので、黒米入りをチョイス。
お味噌汁の具のお豆腐は寄せ豆腐で、濃厚な味でびっくり。
全体的にやさしい味付けで、健康的~~~って感じ^^

にんにくの味噌漬けもおいしかったので、
寄せ豆腐と一緒に売店で買って帰りました。

妹に、「安くておいしくてボリュームのあるランチが食べれるよ」と
聞いていた通り、ホントにおいしかったです^^

20060625220728.jpg










☆★健康日替り定食のお店・あったか家庭の味 おしんこ★☆
tizu.jpg大村市富の原2-218-1
営業時間/ 11:30~14:30(ランチのみ)
販売は10:00~18:00


2006.06.18.21:02
菜の花ラーメン
20060619_1412_0000.jpgデジカメ購入~~~
""ハ(^▽^*) パチパチ♪
以前使ってたデジカメを、
妹に譲って欲しいと言われ、
「携帯があるから、ま、いっか~」
って手放ちゃって。
ブログを書くようになったら、
携帯の写真じゃぜんぜん物足りなくて結局買っちゃった(^-^;

rozyくんと何軒もお店を廻って、お財布と相談しながら…
ちょっと予算オーバーだったけど、後悔はしたくないし…
で、やっと決まりました^^ 優柔不断なふたりです^^;
赤いカメラなんて、初めて♪

散々歩き回ったので、すっかりお腹ぺこぺこになり…
とてもラーメンな気分だったので、
R57沿いにある、黄色いラーメン屋さんに。
こちらは、2年ほど前に不知火橋近くから、
現在の場所に移転したようです。

s-yasaimiso_nanohanaramen.jpgちょうど今月いっぱい、
2周年記念ということで全品2割引でした

元々イタリアンのお店だったコトもあってか
ラーメン屋さんとは程遠いイメージでした。
天井が高いので、声や物音が響くんです。。。
ひそひそ声で話さなくちゃいけなくて、
声が良く通ってしまうあたしにはちょっと不向きかも(^-^;

ラーメンはとんこつのあっさり味かな。
マイルドというか…ちょっと甘めなな感じでした。

tizu.jpg ☆★菜の花★☆ 
諫早市小川町1266-1
TEL/ 0957-21-5156

2006.06.15.20:57
フレンド南国ゴーヤ麺5束ずいぶん前に立ち寄った道の駅(水なし本陣ふかえ)で見つけたちょっと変わったそうめん。
その名は「ゴーヤ麺」。
ゴーヤが練りこんであるらしい。
確かに…よく見ると、麺には緑色の粒々が。。。
ちょっと高いなぁ…と思いながらも、
無添加・無着色に弱いあたし。
どんなもんやろ~?と思って買ってみました。

そうめんより、気持ち長めに茹でて、
最初は普通にそうめんとして食べました。
ん~~~~~~
茹でるとせっかくの色も、なくなってしまう感じだし
味も全然苦くないし、
思ったよりゴーヤの存在感がない。。。
ちょっと物足りない感じがしました。
ゴーヤ嫌いな人には、違和感なく食べられるかも?

soumentyannpuru1.jpgで、今日。
残ってた分をちょいと硬めに茹でて、
そうめんチャンプルーにしてみました。
こっちの方がいける!
うまうまでした^^
接写してみたけど…
写真に粒々は写ってませんねぇ…

2006.06.15.00:32
この年末年始は便秘がひどくて吐くので、下剤を投与したり浣腸したり…
なんと12/31まで病院に行きました…(病院は29日まで)
で、新年は4日から(^-^;

原因は、消化機能の低下に加えて、加齢と…
たぶん運動不足から来るんだろうとのこと。
確かに特にこの時期は寝てばっかりだもんね~

便秘がひどくなると、凄い吐き方をする。
食べたものはもちろん、それがなくなると胃液。
その次は茶色のペースト状のもの…
そう、その正体は何を隠そう「う○ち」 ̄∀ ̄;)

これを吐くのは凄く体力を消耗するとかで、吐かない様に注意するように言われてました。

この頃は、おしっこもウ○チも毎日計量するようになっていました。
自分の健康管理より全然凄いです(笑)
Donが闘病を始めてから、この日で半年。
何度あきらめた命か…
よかったり悪かったりを繰り返しながら、何とか調子を保っていた。

でも、季節がら数日暑かったせいか、動きが鈍くなっていた。
急に血糖値が上がったり…
血糖値が安定しないので、インスリンの量が微妙です。。。
ちょっと少ないと高血糖で吐くし、多いと低血糖で吐くし…
吐く原因が、高血糖なのか低血糖なのか、見極められなくて
Donも苦しかったと思います。

でも…インスリン以外の延命措置はしないことに決めました。
糖のコントロールだけはきちんとして、後は自然に任せるつもり。

この夏はちょっと注意しないといけないかも。
Donは徐々に快方に向かい、
通院も、毎日から2日に1度になり、3日に1度になり、週に1度になり…
この頃には、2週間に1度の通院で良くなっていた。
通院毎の血液検査の時には、先生に「フーーーッ」って毛を立てて反抗(^-^;

1日2回、朝晩のインスリンの注射もすっかり上手くなってました。
血糖値は、時々低血糖を起こしてしまうくらい、下がってきていました。
痙攣を起こして嘔吐を繰り返すこともしばしば。
血糖値が高くても、すぐ命に危険があることはないけれど、
下がりすぎてしまうと大変危険だと言われ、はじめのうちはあたふたしましたが、
この頃は、そんな時にも手際よくブドウ糖を与えられるようになっていました。

腎機能が低下しつつあるけど、それは処方食でなんとかキープ。

気分が良い日は、ベランダを闊歩したり、仰向けで手足を広げて寝たり^^

しばらく平和な毎日が続きました。。。


2006.06.15.00:22
ところが…
症状が思わしくないにもかかわらず、先生から退院しましょうと連絡が…

わけがわからず、病院に行ってみると…
Donの興奮がとにかくおさまらなくて、治療ができないとの事。
猫の血糖値は、ストレスでも上昇するらしく、
興奮状態が長く続くのは、好ましくない。

それと、「エリザベスカラー」が気に入らない様子。
でもね…Don、君が先生を噛み付いちゃうから、仕方ないんだよ…

ということで、仕方なく退院。
そしてまた、通院の毎日が始まったのです。。。
2006.06.15.00:21
最初の入院から約1ヶ月経った頃…再入院してしまいました。

前日は、退院してきて一番と思えるくらい元気だった。
ご飯も はぁ?ってくらい食べた。
それなのに…
夜になって突然吐き出して。
病院に電話して、一晩様子を見ることになったけど
胃液も吐けなくなって、とうとう茶色いドロッとしたものを
吐き出して…
後でわかったことだけど、これは「ウ●チ」らしい。
胃のものがなくなると、腸のものを吐くんだそうです。

結局Donも母も私も一睡も出来ないまま朝を向かえて、
病院に駆け込んだら…再入院。

今回は前回みたいに くた~っとはなってなかったから、
気軽に考えていたけど、肝臓も腎臓もかなり悪くて
実は前回よりかなり深刻。
おしっこが24時間以上でなくて、利尿剤のお世話になったり。
どうやら腎不全を起こしかけてるみたい。
腎不全はアウトです…

この時はかなり自信失くし、覚悟決めました。
というか、前回あれだけの思いで助けた結果がこれだから、しょうがない。
迷いはないつもり。
全然よくなってなかったってことなんだよね。
1ヶ月も経たない内に、こんなふうになったんじゃDonもかわいそう。
今度は自己満足じゃなくて、Donのための治療を考えたいと、本気で思いました。 

ただ…母親がかなり落ち込んでる。
Donの世話を頑張ってただけに。
それが気になるといえば気になるかな…。
2006.06.15.00:20
Donの血糖値はまだ250~450くらいあった。(通常は70~120)
なかなか安定しません。
でも先生曰く、「200台でキープできれば、糖尿病のコには上等なんです。」って。

そんなDonはというと・・・
ちょっと元気になったら、先生に文句言う(?)とか。
採血の時、じたばたと抵抗するそうです(笑)

日曜は保育園(病院)は休みなので、インスリンは私が打ちました。
一応病院で指導を受けたものの、なかなかうまくいかなくて。
こっちの緊張がたぶんDonには伝わるのか、
「ぐすぐすせんで、ちゃちゃっとやってよ。」って言ってるみたい(笑)

しばらくは、食事と水の量、おしっこの回数などを管理しなくてはならないけど、
糖の管理さえ出来れば、長生きできると先生のお墨付きももらったことだし、
がんばります。

登園(笑)は2月半ば位までの予定です。
2006.06.15.00:19
Donが帰ってきました!
もぉ~家中を点検して廻って、そりゃぁ~大変(笑)

明日から、しばらく通院です…。 
血糖値が安定せず、インスリンの投与の量もまだ確定しないので、
朝9時に預けて、夕方6時に迎えに行きます。
まるで保育園児状態(笑)
でも、あとは血糖値だけの問題になりました。
血糖値が安定したら、自宅で1日に1~2回、インシュリンを投与して、
処方食で様子を見ましょうということになったのです。

ドライフードは、結構いいのを食べさせているつもりだったけど、
日本のものは表示成分と中味がいい加減らしいんです。
それに対しての法律がないんだって。
で、アメリカ製のを薦められたました。
先生曰く、「猫の場合はとにかく気まぐれだから、
食べてくれるモノを見つけたら、それでコントロールしていくしかない」そうです。
とりあえず入院中に何種類か与えてみて、食べてくれたものを数種類、
サンプルをもらってきました。
ドンの場合は、いわゆる「ドロドロ血」だから…
大変なのだ・・・

注射を打つのはあたしの役目になりました。
ちょっと元気になったら、Donからは嫌われるだろうけど、しかたない。
悪役はあたし一人で十分。Donにも逃げ場を作っておかないと。

... 続きを読む
2006.06.15.00:13
朝早く、獣医さんからDonが少し持ち直したと電話があって。

☆#$*Жн々〆×★※●◎▼△◇◎£$▲!!!

まだ血糖値は高いし、カリウムの値は低いけど、
時々頭を持ち上げたり、1~2回座ったんだそう。
まだ水も飲んでないけど、
 「飼い主さんがみえれば飲むかもしれないし、
   何かDonちゃんの好きなものを持ってきてくださいって」って。

いや~~嘘みたい。
もちろんまだまだ先は長いけど、最悪の状態は脱したみたい・・・
もう、涙ぼろぼろ(笑)

11時半と言われていた面会の時間まで、そわそわ。

病院に行くと、目が・・・全然違ってた。
焦点があってて、シャキーン!としてた。
頭も持ち上がってたし、撫でたら喉をゴロゴロ鳴らしてご機嫌の様子。

朝はニャーニャー鳴いたらしい。
先生の奥さんは「何か文句言ってましたよ」って(笑)

まだ自力で水が飲めないので、退院は無理だけど、
朝は水の入った入れ物を、ひっくり返してたって。
水を飲もうとして、ひっくり返したのかも知れないですねって先生は言ってた。

持って行った大好きなドライフードは食べてくれなかったけど、
葉っぱはむしゃむしゃ食べたし、もう母と二人してうるうる。(笑)
あたしは、記念写真を取る余裕もあったりして(笑)


いつもあんまりしゃべらない先生がよくしゃべってくれた。
こんな重症の、しかも猫の糖尿病患者は、扱ったことがなかったらしい。
先生も知り合いの獣医さんに、いろいろアドバイスをもらいながら
治療してくださったんだそう。
そんな様子を見ながら、「あ~峠を越えたかな…」って感じがした。

血糖値がまだ安定しないのと、カリウムの値がボチボチしか
上昇してないので、もう少しかなぁ~

体温は39.4で、ちょっと微熱だけど、
それは体が病気と闘っている証拠だから、問題ないんだとか。

あ~でもほんと、とりあえず一安心。
殺さなくてよかった・・・・・


NEC_0002.jpg
ピンボケ…
... 続きを読む
2006.06.15.00:13
日曜日は面会はできないので自宅待機。
いつ連絡があるかわからないので、気が気じゃなく1日を過ごしたっけ。

「人間の生死は潮の満ち干きに関係あるって言うけど、
動物はどうなんかなぁ~?」なんて母と言いながら…

先生にお任せした以上はね…
またいい報告が出来ることを祈るしかなかったのです。

結局、その日は病院からの連絡はなく、とりあえずホッ。。。

いつもメールで励ましてくれている友達から電話があって
「今日さ~旦那が珍しくイイ事言ったよ。(この前の安楽死の選択をどうするか悩んで結局治療を選択したことに関して)

 「心の底から出た思いや、必ずいい結果を出すはずや。
   あと2週間もしたらすっかりよくなってるような気がする」

って。
うちの旦那のカンは結構当たるんよ~

涙が出ました。。。
この後も、この友人夫婦の言葉に、どれだけ救われたかわかりません…
面会に行くと…
血糖値はあがったり下がったりしながら
ほんの少しずつ下がっていた。
しかし…カリウムとリンの値が上がらない。
このミネラルが足りないと、水分の吸収が出来なくて
点滴の効果が出にくいらしい。

それに体温が下がり続けていて、35.5度だった。
平熱は38.5度らしいので、3度も低い。
もうかなり限界だとか。

先生に「様子を観るってどのくらいでしょうか?」って聞いてみたら、
「小動物の場合は2~3日ですね」という事だった。
「もしそれで結果が出ないようなら、家に連れて帰りたい」と言うと、
「そういう選択をしてもいいかも知れません」と言われた。
「夕方の検査結果を待ちましょう」と。

その日面会に行ったら、家に帰れると思ったのか、
Donが力を振り絞って立ち上がって。
先生もびっくりしてた。

安楽死を選べば、10分と持たずにその場で絶命してしまうらしい。
ってコトはDonは家では死ねない。
そのまま連れて帰ったら、自然に…1~2日、よくもって3日。
その間に嘔吐や痙攣もあると言う…

どうしたものか…と思いながらも、家でDonの寝床の準備をしていた。
たぶん、連れて帰ってくると思いながら…


ところが夕方病院に行くと、少し体温が上昇していた。
そこでとりあえず月曜日まで預けてみることにした。
翌日は日曜なので面会はできない。
「もしもの時は連絡しますので」と言う、相変わらす厳しい顔の先生に
お願いするしかなかった。
そう思わないと、やってられません。
半分ヤケです(^-^;

まだDonも頑張ってるし、医者がさじ投げてからでも全然遅くない。
今はまだ「その時」じゃないような気がした。
それに、時が経ち「あの時やるだけのことはやった。」と
思える確かなものがあれば胸をはれるような気がした。
結局のところ、この辺なのかもしれない…

主治医は、と~ってもクール。(笑)
でも奥さん(医者)が、飼い主のメンタル的なところを
フォローしてくれて、それでずいぶん救われた。

やっぱりDonはペットじゃなくて、立派な家族。
自分の子供だったら、どんなことをしても延命にかけると思った。
そしたらなんかスッと心が決まったって感じ。
もう自己満足でも何でもいいや~~('〇';)
2006.06.15.00:10
Donは捨て猫だった。
少し肌寒い9月の夜…その仔猫は高速バス乗り場のバス停で、
声を枯らして鳴いていた。。。
連休で韓国釜山から帰って来た私と友人…
私が鳴き声に気づき、彼女が見つけた。
そこは大型の高速バスが往き来するところで、
たぶん相当恐かったのだと思う。
Donは今でも車も音が嫌いなのです。。。

そのおよそ1年前、私は初めて飼った猫を交通事故で亡くし、
二度と動物は飼わないと決めていた。
なのに…つれて帰って来てしまったのでした ̄∀ ̄;)
そういう経緯があって、Donは室内飼いにすることにした。

Donはまだドライフードを食べることができず、
ミルクをストローで与えていたので、
生後1ヶ月も経っていなかったと思う。が、よくわからない。
しばらくして、ドライフードをミルクでふやかしたりしながら、
普通の食事ができるようになった。

生後6ヶ月で去勢した時、医者から「去勢すると太りますよ」
と言われていた。
私の帰りが遅いので、食事は多めに置いていく事が習慣になり、
おまけに室内飼いなので運動不足で…
Donはみるみるうちに太ってしまった…


今回のことを、Donを見つけた彼女に言ったら、
「Donの命はもしかしたら9年前に無くなっていたかも知れない。
Donにとっては幸せな9年だったと思うよ」
と言ってくれた。
でも、逆に私が助けなければ、こんな苦しい思いをすることは
なかったかも知れないよね…。

2006.06.15.00:08
たまたまメル友に内科のお医者さんがいたので、
糖尿病のことについて聞いてみた。

動物はわからないけど・・って前置きがついてから、
「肝臓や腎臓の機能に障害が出てるなら、合併症の方が問題で、
血糖値がどうのって問題ではない。仮に血糖値が下がっても、
復活は難しいんじゃないかな・・」って言われて。。。。
かなり凹んだ。。。

そのことも参考に話をしようと思って、夕方主治医の所に行ってみたら…
朝の血液検査とは少し違う結果が出ていた。
(昨夜の点滴で思ったような効果が出なかったから、
少し薬を変えてくれたらしい)
ほんのちょっとだけど肝臓の数値が下がっていた。。。
でも、私としては「安楽死」のことも考えたいと話してみた。

と言うのも、当時私はプー太郎で…
1日1万円+αの入院費はかなりしんどかった。
どうせ助からないなら早めに…というのも、正直あったのです。。。
すると医者は「それもいいでしょう。でも薬の効果が出つつあるので、
もう少し様子を見てみる価値はあります。」と言ったのです。
え???
まさかそんな言葉が聞けるとは思ってもみなかったので、びっくり…
「血糖値が安定して自分で水を飲んだり、ご飯を食べるようになったら
退院して、調子がよければ1日2回のインスリンの注射と
1ヶ月に1回の血液検査でいい」と言うのです。
しばらく様子を見るとはどれくらいなのかを聞いてみたら、
「とり合えず2~3日」と言うことだった。

またそこでどうなるかもわからないけれど、
金銭的にもどこまでやれるかわからないし、
単に自己満足かも知れないけど、
もしこの2~3日をDonが持ちこたえてくれたら、治療することにしよう…
と決めたのでした。
2006.06.15.00:07
Donの血糖値は計測不能だった…
特に溶血の値が深刻で、更に肝疾患と急性腎炎、脱水もあって…
結局入院することになった。

Donはいつも私か母の布団で寝起きしていた。
なのに一番苦しい時にステンレスの冷たいケージ
(ヒーターはあったけど)に入れられ、しかも隣には犬もいて…
さぞ心細かったことだろう。

眠れない一夜が明け、翌日指定された時間に行った。
血糖値は昨日より少し下がってはいたものの、
まだまだ標準値には程遠く、見た目には何も変わらない・・
むしろ昨日より呼吸が荒く、目がうつろなような気がした。

ここでこのまま治療を続けるのはDonにとってどうなのか?
単に私の自己満足なんじゃないか?…と心の葛藤が続いた。

ぐったりしているドンに「お家に帰ろうか」と言うと頭を持ち上げた。
偶然かも知れないけどね…。
家に連れて帰るべきかどうか、すごく悩んだ。
最期はやっぱり看取ってあげたいけど、家に連れて帰るなら
注射(安楽死)をしてから・・と母。
それも分かる。でも、もしかして持ち直すかも・・
そう思うと、なかなか覚悟できなかった。
残された時間が少ないなら、抱っこしてあげたい・・・
でも、医者は「分からない」としか言わなかった。
って言うか言えなかったんだろうね。

「Donがどうしたいのか聞きたい…」
「ドラえもんの”翻訳こんにゃく”が欲しい」と
本気で思ったのでした・・・お馬鹿(笑)
ドカ雪で交通がマヒした日。。。それは突然やってきた。

ついさっきまで元気だったDonの様子がおかしい。
寒い時はいつも動きが鈍いんだけど…それにしても変。
しばらく様子を見ていると、痙攣が始まった。。。
慌てて近くの動物病院へ。
Donは去勢する時に病院連れて行ったっきりで…
健康診断などは全くしていなかった。

Donの様子を見た先生の顔は厳しかった。。。
正直そんなに深刻には考えていなかったんだけど。。。
Donは抵抗する力さえなく何本も採血され…結果を待った。

「糖尿病の末期です。しばらく入院して様子を見ましょう。
全力を尽くしますが、最悪を覚悟してください。」

え?何?何のこと?????
頭で理解できないうちに、涙があふれていた…

翌日から京都の友人の家に遊びに行く予定だった私は
事情を説明し、キャンセルした。
パニックでちゃんと伝わったかどうか、今となっては
凄いギモンなんだけど(笑)
そのときの友人の温かい励ましに、今もとても感謝している。

かくして、Donの闘病生活が始まったのでした。。。


2006.06.14.21:07
ダ・ヴィンチコード
【ちょこっとネタバレあります】

突然友人からのメール。

「今日は水曜日よ。暇なら映画観に行かない?」

地元で今やってる映画は「ダ・ヴィンチコード」と「海猿」と「クレヨンしんちゃん」←(笑)

ん~~~
「海猿」はドラマとか全然観てなかったし、
「ダ・ヴィンチ…」は予備知識ないし…
でも、話題性の高さで「ダ・ヴィンチ」を観ることに。

さて…
予備知識なんてなくても、
それなりに楽しめるだろうと思っていましたが…
甘かった…
キリスト教のことなど、全くわからないあたしにとっては
さ~~~~っぱりわかりませんでした。。。(ノ_δ)クスン
ただただ、シラスが怖かった。。。( -_-)フッ

いったい何が言いたい映画だったのか…
キリストの末裔が存在した…ってこと?
ソフィの存在を知る人がラストの方で出てきたけど、
あんなにたくさんいるなら、
そもそも、あんな危険な目にあってまで
謎解きをする必要があったの…?
マリアの棺がルーブル美術館の下にあるというのも変。
だって…工事をする人がわかるでしょ?普通…。
で、ロバートはなぜそれに気が付くの???
「カル(韓国映画)」以来の、謎だらけな映画でした。
あれも結局ラストがわからないまま(^-^;
20060614_2004_0000.jpg
それにそれに…
広告なんかには「モナ・リザ」がでっかく使われていたのに
ストーリーは「最後の晩餐」がメインになっていて、
「モナ・リザ」はチラッとしか出てこなかったのは、なぜ???

あたしの一番のなぞはそれかも知れない(笑)

2006.06.10.23:50
お好み焼き あそう
関西生まれなあたし。
お好み焼きには目がありません(^-^;

このお店には、広島風もあるのですが、
あたし的にはやっぱり、お好み焼きは関西風♪

ずいぶん前に行った時は、お昼だったっけ。
今回は夜7時半ごろで、お客さんがいっぱい。
もぉ~ ソースの匂いがいい感じに胃袋を刺激します。。。
少し待って席に着いて、
rozyクンは人気№1の「チーズミックス(広島風)」を、
あたしは「ネギ納豆玉(関西風)」をオーダー^^

ココはお店の人が焼いてくれるので、
一番おいしいタイミングで焼きあがったお好み焼きを
食べることができます。
自分で焼いて食べるのも楽しいけど、この方が安心^^

お腹ぺこぺこだったので、二人ともガッつきました(^-^;
「ネギ納豆玉」は、納豆の存在感がしっかり。
あたしは納豆が大好きなので、良かったけど、
それでも、納豆の匂いは多少気になりました。
相当納豆が好きじゃないとキビシイかも?

広島風は、お野菜たっぷりで、ヘルシーな感じ。
どちらも、と~~~~ってもおいしかった♪

お店が和風な感じで、落ち着いた雰囲気なので、
ちょっとゆっくりしていると…
気づけばあたしたちだけになってました^^;
8時半を過ぎると急にお客さんが少なくなるようです。


asou1.jpg







tizu.jpg ☆★お好み焼き あそう★☆
諌早市福田町42-39
TEL/0957-21-8277
営業時間/11:00~22:00 (定休日 毎週水曜日)
2006.06.09.23:33
トルコライス
20060609_1130_0000.jpg昨日、梅雨入りしたと言うのに、
今日のコノ空はいったい。。。(^-^;
スコーンと抜けた青空が広がった1日でした。
日差しは強かったけれど、
風はさらっとしていて、ひんやり^^
こんな日には阿蘇に行きたいな~と
思ってしまいます。
今頃は新緑がきれいだろうな~


torukoraisu.jpg今日は甥っ子たちが、お泊りに来ると言うので、晩ご飯は彼らが大好きな「トルコライス」にしました。
画像がしょぼいけど、初めて晩ご飯をUPしてみました^^;
ホントは…トマトときゅうりも添えてたのに…
誤って写真を削除しちゃいました(ノ_δ。)
ちょっと締まりがありません…^^;


さてさて、
「トルコライス」ってなんだ~?と思った方もいらっしゃるかと思います。
詳しいことはわからないけど、何でも長崎発祥の食べ物らしいです。
最近はちゃんぽん、カステラに並んで、トルコライスが長崎名物と謳われていたりします。

例えて言うなら…
大人の「お子様ランチ」といったところでしょうか。
(もちろん子供たちも大好きです^^)
基本的には、ピラフ(ドライカレーだったり、チャーハンだったりします)と、とんかつ(チキンカツ)、スパゲッティーサラダが、ワンプレートにのっています。
かなりボリュームがあります。。。
専業主婦の妹曰く、毎日の献立を考えるのが大変らしく、
3食分のメニューを1度に作るなんて、もったいない…らしいです^^;

でも、子供は正直^^
普段は食の細い甥っ子たちですが、ペロっと完食し、「また作ってね~」と興奮していました^^

ん~~~ 正直、作るの大変なんだけど…
あんな顔見ちゃったら、また作っちゃうかも?ヽ(^ー^)ノ(笑)
2006.06.09.00:00
はじめまして♪
s-20050102_1015_0000-2.jpg

これが我が家のお坊ちゃま♪
って言うか、もうじき12歳じゃ立派な「じい様」ですね(笑)
名前はDon♂(ドン)
現在闘病中…糖尿病なんです(ノ_δ。)
ダイエットをがんばった甲斐あって
みごと1kg減量に成功 (*゜▽゜ノノ゛☆パチパチ
(体重7.1kg!/6月9日現在)

ホントはもうちょっと運動してくれるといいんだけど…
年のせいなのか、なかなかお布団から出てきてくれません。

1日2回の注射のに時間に、やっと引っ張りだしてもこの有様…


 button051.jpg

2006.06.07.23:34
盛りだくさんな一日
雲仙市にある、祖母の家へ行って来ました。
今日の目的は「お墓参り」と「梅の収穫」。

しかし…
お墓って、どうしてあんなに暑いのぉ~
日当たり良すぎです。。。
今日はめちゃお天気だったので、脱水するかと思った…マジで

梅は今年はたくさん実をつけていました。
今年は「梅シロップ」を作ります。

お昼はちゃんぽんを食べました
…暑かったぁ~
そういえばこの町には、ちゃんぽん屋さんがとても多い。
そこに住んでた頃は、特に不思議に思わなかったけど、
小さな町にしては、多すぎると思う。
ちゃんぽんと言えば「新地中華街」なんだろうけど、
小浜のちゃんぽんは、それとはちょっと違う。
魚介類や野菜がとても多くて、スープがあっさりしている…かな。
「小浜のちゃんぽん」は懐かしい、ふるさとの味。

すっかり汗をかいてしまったので、祖母、母と親子三代で
「おったっしゃん風呂」へ。
脇浜共同浴場というらしいけど、地元ではなぜか「おたっしゃん」で通っている。
う~~~~ん。。。なんで

よくよく考えてみると、二十年ぶりくらい?ん?もっとかも。。。
でも、全然変わってないや。。。

otassaynyu.jpg国道からひとつ中の通りに小さい看板があるだけなので、
よそから来た人は、通り過ぎてしまうかも知れません
外観は古い民家のようだし、建物そのものには看板はないし…
脱衣所にあるロッカーも木製(番号が漢数字
鍵もなく、扉にあいた穴に指を引っ掛けて開閉します。
今日は貸切状態だったので、浴室内の写真も撮ったんですが、
湯気でくもってしまってダメ。。。
特徴的なのは、照明かな。
裸電球が1個、天井からぶら下がってるだけ。。。
とてもレトロな感じです。
でも。かけ流しなんですよね
決して綺麗な温泉ではないけれど、ココにはココのよさがあります。
そして…何より、小浜の中では一番泉質が良いような気がします。

 ☆★脇浜共同浴場★☆tizu.jpg
     雲仙市小浜町南本町7
     TEL/0957-74-3402
     入浴料/大人150円



biarittu.jpg帰りに千々石にある「ビアリッツ」で、
「ちぢわロール」のお買物。
今回は頼まれ物でした。
個人的には「ちぢわパイシュー」が好き^^
注文してからクリームを詰めてくれるので、
皮がパリパリしておいしいんですよ。

 ☆★ビアリッツ★☆  
   雲仙市千々石町丙1457-3
   TEL/0957-37-3635
tizu.jpg


2006.06.06.21:25
弱い言葉…
「新発売」「期間(季節)限定」
あたしは、これらの言葉にとても弱い。

今日は愛車のローラ(仮名)の点検のためディーラーへ。
今回はちょっと時間がかかると言うことだったので
お茶でも飲みに行こうかな~と外に出ると…

2軒隣のモ●バーガーにはためく「季節限定」の文字。。。
そういえば、少し前に立ち寄った時にもあったっけ。
あの時は「フローズンケーキバー」を食べたっけ…と
思いつつ、何かに吸い寄せられるように店内へ(^-^;

mos.jpg「玄米フレークシェイク(抹茶小豆)」
一番下はバニラシェイクと抹茶ソース。
その上に玄米フレーク。
更に抹茶白玉と甘さ控えめの小豆・・・
味は想像通りだけど、好きなんだよね、こういうの。




2006.06.05.21:20
掘り出し物♪
何気に立ち寄ったお店で衝動買いしちゃいました(^-^;
エスニックな感じのネックレスは、今日の出で立ちにしっくり…
で、ついつい。。。(б。бゞポリポリ
でもでも、かなりお買い得だったんよ。。。

元々は切子ガラスが好きだったあたし。
数年前から「とんぼ玉」にハマってしまいました。

ガラス繋がりでたまたま見かけたとんぼ玉を見て
「これってどうやって作るんだろう???」と
じぃ~~~っと見入ってしまって…それ以来かな。

ずいぶん後に、一度だけ「阿蘇ファームランド」で
とんぼ玉作り体験をしたことがある。
作り方がわかって、二つと同じものは作れないと思うと、
ますますとんぼ玉の魅力に魅せられてしまった。

下の写真は、特にお気に入りのとんぼ玉たち。
左:最初に魅せられたもの。
中:今日の衝動買い^^;
右:一番のお気に入り

ん~~~ やっぱ写り悪っっ。。。(・o+)

20060605_1854_0000.jpg

2006.06.02.23:30
ウォーキング♪
昨日…
先日rozyクンに買ってもらった、相田みつをのカレンダーをめくったら

「いまから ここから」 

って書いてあった。

何か始めなきゃ~って
気持ちはあっても、なかなか腰が重いあたし(^。^;;

今日、2日になって、もう一枚めくったら…

「つまづいたっていいじゃないか 人間だもの」

って…

なんとなく構えていたような気持ちが、す~~~っと消えた気がしたから不思議。

で、重い腰を上げ、近くの運動公園へGO!
2年くらい前から、半年くらいのサイクルでしたり止めたり…を
繰り返してたんだけど、昨年の11月ぶりに、やっと再開(^。^;;

大抵いつも、5km~8kmを8分/kmで歩いていたあたし。
今日は久しぶりでもあるし、5kmを10分/km目標で歩こうと。

途中で、陸上部の高校生が呼吸を乱すことなく走って追い抜いていく。
スレンダーなボディーに、しばしボ~~っと見とれてしまった(^。^;

で…ちょっとだけ走ってみようかな?なんて魔がさして…
走ると言っても、歩くよりマシな程度だけど…
何とか1kmがんばった…

死ぬかと思った~~~~~~

…無理はいけません。。。(ノ_< ;)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。