--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.10.13.22:30
8時35分。

今朝、母に看取られてドン が亡くなりました。

享年15歳2ヶ月。

闘病生活を始めて、実に5年と9ヶ月と21日。



ドンちゃんホントによくがんばったね。

やっと楽になったね。。。

ネコ天国ではもう注射しなくていいからね。




これまでたくさんの方に応援や励ましのお言葉を頂きました。

本当にありがとうございました。
スポンサーサイト
2008.07.25.23:00
夏バテ☆
こんな姿で寝てること30分以上…
don1_20080725224535.jpg
なんだかdon♂がダラ~~~っとしてる姿が滑稽で(^-^;
近寄ってみると、こんな顔してへばってました。。。
don2_20080725224541.jpg
クーラーは嫌いだったはずなのに…
最近はクーラーや扇風機の真下にやって来ます。
…毛皮着てるんだもん。君も暑いよねぇ。。。
しかし、なぜ真下???
少し離れた方が涼しいと思うよ。。。
don3.jpg
別の角度からもう一枚。
やっぱりちょっと笑える。。。。(ごめん


まだまだ晴天と高温の日々が続くそうです。
熱中症には気をつけましょう。。。
2008.02.04.18:08
先月22日。
闘病生活を始めて丸4年目を迎えた我が家のじっちゃま。
現在13歳半。
寒いからなのか、年のせいなのか、1日の大半を寝て過ごすことが多くなりました。
うらやましい。。。^^;

最近はなぜかこのダンボール箱がお気に入り…^^;
CIMG2427.jpg
羽毛ふとんは気持ちいいのにゃ~~(=^・^=)

最近は、ホントに寝たばっかりで…
こんなに近くに寄っても。。。
CIMG2440.jpg


望遠なしでこ~~~んなに近くに近づいても…気づく気配なし。
あんたね~~~~
野生の猫ならとっくにヤラレてるよ???(- -;)
CIMG2441.jpg


ん??? やっと気づいた???
CIMG2447.jpg


と思ったら。。。
もぉ~~~~ほっといて~~と言わんばかり。。。
CIMG2448.jpg


眠いんだからさぁ…
CIMG2449.jpg


…と思ったら、突然起き上がって
CIMG2451.jpg


大あくびo(*^▽^*)o
CIMG2452.jpg


なにか???
CIMG2455.jpg


来年もこの日が迎えられますように。。。
2007.01.22.21:10
3年経ちました
3年経ちました。元気です☆
CIMG1269.jpg



Don♂ の死を覚悟した日から今日で丸3年。
3年前のあの日とは違い、今日は暖かい1日でした。


あれから何度も危ないことがあったけど、
今日は元気だからOKOK。

1日2回のインスリンの投与。
1回0.35ccのインスリンの投与がDon♂ の命をつないでいる。

初めの頃は嫌がって逃げ回っていたDon♂ も
今では注射の時間になると、まるで催促するようにちょこんと座って待ってる。
あの頃は打つ方もおっかなびっくりだったなぁ…(^-^;

現在13歳と約5ヶ月。
後何年がんばってくれるかはわからないけれど、
1日でも長生きして欲しいな…と願うのみです。
... 続きを読む
2006.12.25.00:34
冬眠ですか???
最近のDon♂ は、↓こ~~~んな感じ(>▽<;;
CIMG0917.jpg

母に買ってもらったドーム型のお家がよっぽど気に入ったのか、
まるで冬眠中の熊みたい… (-_-;)
2006.09.23.00:33
闘病日記~尾腺炎?
Don♂のお尻から異臭が・・・
それも半端なく臭い(≧▽≦;)

便秘のため週1くらいで浣腸しているけど
数日前にやったときには全く気づかなかった。

なのに、今日は人差し指と親指で○を作ったくらいの
大きさに膿が溜まっていた…
というか、すでにDon♂ が引っかいていたため、悪臭を放っていた。

もし尾腺炎なら、2度目。
でも、前回はココまでひどくなかったし、
何よりすごい勢いで脱毛したから、早い段階で気づいた。
病院に連れて行き、切開してもらって、イソジン(消毒)と
抗生物質を処方してもらった。

でも今回はあまり脱毛は見られなかった。

土曜日の夜。動物病院は休診。
バタバタと必死に抵抗するDon♂ を押さえ込み、
母と二人で溜まった膿を搾り出す。

はじめはグレーっぽい色の膿。これがなんとも言えない臭い。
そして次第に黄色っぽい色に変わり、
最後は血が混じったような色に変わっていった。

かなりの量の膿が出た。
Don♂ のお尻には直径5mm程の穴がぽっかりと開いている。
とりあえずマキロンで消毒したけど…
病院に連れて行かなきゃだよな…

Don♂ も相当痛かったのだろう…
あたしの腕には、Don♂ の抵抗した爪あとがいっぱい。

あたしも痛いぞ~~~~

でも、痛いのを我慢して出したのが良かったのか、
Don♂ は気分がよさそうです。
食欲もあるし。

ま、とりあえず、ホッ。。。
2006.06.28.18:02
目指せ!はっちゃん♡
夕方テレビを見ていたら、
イベントにファン200人(?)も集めちゃうという
アイドル猫の話題。

その名は「はっちゃん」
雑種で捨て猫ちゃんだったはっちゃん。
写真家さんに拾われて、
「はっちゃん日記」(ブログ)に写真をUPしたところ、
今では、イベントまでこなしちゃうアイドル猫ちゃんになったんだそうです。
で、ちょいとブログにお邪魔を…

さ~~すが、写真家さん!
かわいい写真ばっかりでした。

かわいい写真を撮るコツは
●猫の目線で撮る
●褒めながら撮る←グラビアアイドルみたい?(笑)
そして…たくさん撮る!なんだそう。
なるほどね~うんうん^^納得。

don.jpg
よ~~~っし!と挑戦 p(*^-^*)q

しか~~しw(☆o∂)w
褒めちぎっても、おやつで釣っても、
睡魔には敵わないようです(ノ_δ。)
こっち向いてくれ~~~~(叫)

やっぱ難しいなぁ。。。

... 続きを読む
2006.06.15.00:32
この年末年始は便秘がひどくて吐くので、下剤を投与したり浣腸したり…
なんと12/31まで病院に行きました…(病院は29日まで)
で、新年は4日から(^-^;

原因は、消化機能の低下に加えて、加齢と…
たぶん運動不足から来るんだろうとのこと。
確かに特にこの時期は寝てばっかりだもんね~

便秘がひどくなると、凄い吐き方をする。
食べたものはもちろん、それがなくなると胃液。
その次は茶色のペースト状のもの…
そう、その正体は何を隠そう「う○ち」 ̄∀ ̄;)

これを吐くのは凄く体力を消耗するとかで、吐かない様に注意するように言われてました。

この頃は、おしっこもウ○チも毎日計量するようになっていました。
自分の健康管理より全然凄いです(笑)
Donが闘病を始めてから、この日で半年。
何度あきらめた命か…
よかったり悪かったりを繰り返しながら、何とか調子を保っていた。

でも、季節がら数日暑かったせいか、動きが鈍くなっていた。
急に血糖値が上がったり…
血糖値が安定しないので、インスリンの量が微妙です。。。
ちょっと少ないと高血糖で吐くし、多いと低血糖で吐くし…
吐く原因が、高血糖なのか低血糖なのか、見極められなくて
Donも苦しかったと思います。

でも…インスリン以外の延命措置はしないことに決めました。
糖のコントロールだけはきちんとして、後は自然に任せるつもり。

この夏はちょっと注意しないといけないかも。
Donは徐々に快方に向かい、
通院も、毎日から2日に1度になり、3日に1度になり、週に1度になり…
この頃には、2週間に1度の通院で良くなっていた。
通院毎の血液検査の時には、先生に「フーーーッ」って毛を立てて反抗(^-^;

1日2回、朝晩のインスリンの注射もすっかり上手くなってました。
血糖値は、時々低血糖を起こしてしまうくらい、下がってきていました。
痙攣を起こして嘔吐を繰り返すこともしばしば。
血糖値が高くても、すぐ命に危険があることはないけれど、
下がりすぎてしまうと大変危険だと言われ、はじめのうちはあたふたしましたが、
この頃は、そんな時にも手際よくブドウ糖を与えられるようになっていました。

腎機能が低下しつつあるけど、それは処方食でなんとかキープ。

気分が良い日は、ベランダを闊歩したり、仰向けで手足を広げて寝たり^^

しばらく平和な毎日が続きました。。。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。